エフェクターの接続順番を「3分」でやさしく解説【繋ぎ方】

この記事を書いている僕はギター歴10年のアマチュア・バンドマンです。

 

バンド仲間がプロになっていく中、僕は一般企業へ就職しましたが…「ギター演奏・音作り」に対して、試行錯誤しながらひたむきに10年間向き合ってきた自負はあります。

 

その経験を活かして「エフェクターの接続順の基本」を3分で説明します。

 

本記事の内容

  • エフェクターの接続順の結論
  • なぜ接続順は決まっているの?
  • 【例外】基本的な接続順を崩すシチュエーション

 

エフェクターの接続順の結論

 

まずは結論から…

 

基本的なエフェクターの接続順はコチラ↓

 

これが全てです、頑張って覚えましょう。

 

※エフェクターの種類についてよくわからない方はコチラをご覧ください。

なぜ接続順は決まっているの?

では次に「なぜ、接続順は決まっているの?」という疑問を解消します。

 

そもそも、ギターからアンプへ音の信号は流れていきますので、繋いだ順番にエフェクターの効果が上書きされていきます。

 

例えば…「歪み→ディレイ」の順番でつなぐと、歪みエフェクターの効果でギャーンとなった音に、ディレイエフェクターの効果が上書きされて、ギャーン、ギャーン、ギャーンと歪んだ音が綺麗にやまびこします。

   

もしこれを逆に繋ぐと、やまびこした音が歪んでしまい濁った音になってしまう可能性が高いです。

    

このように、同じエフェクターを使っていても接続順次第で最終的な音はガラッと変わってしまいます。

    

特殊なサウンドを求めて、あえて接続順を変える人はいます。しかし、基本的な順番を守らなければ本来のエフェクターの良さを引き出せず、収集つかない音になる可能性が高いです。

   

にゅたむ
にゅたむ

まずは基本に忠実に。

   

【例外】基本的な接続順を崩すシチュエーション

 

エフェクターの中には、欲しいサウンドによって基本的な接続順を崩す必要があるものがあります。

 

今回は初心者の方が覚えるべき例外を4つ紹介します!

     

音量を変える系エフェクター(ブースター、ボリュームペダルなど)

→歪みエフェクターの前に繋げるか、後に繋げるかで効果が変わります。

    

・歪みの後に接続(歪み→ブースター)
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-10-1024x296.png です

音色はあまり変わらず、音量が大きくなります。 

※歪んだ音にブースターの音量設定が上書きされるイメージ。

                  

歪みの前に接続 (ブースター→歪み)

音量はあまり上がらず、歪みが深くなります。 

※歪みエフェクターは入ってくる音量が大きいほど歪みが深くなる特徴があります。

                            

フィルター系 (ワウペダル、イコライザーなど)

→歪みエフェクターに繋げる場合、歪みの前に繋げるか後に繋げるかで効果の大きさが変わります。

     

歪みの後に接続(歪み→ワウ)

音量/音色が激しく変化します。

※個性的だが扱うのが難しい音になります。

    

歪みの前に接続(ワウ→歪み)

音量/音色の変化が少ないです。

※こっちの方が一般的な繋ぎ方で扱いやすいです。

      

にゅたむ
にゅたむ

FUZZとワウの場合、接続順の効果は特に顕著に違いが出ます!

   

ハイイーピンダンスのエフェクター(ビンテージのファズやボリュームペダルなど)

       

ハイイーピンダンスのエフェクターは必ずギターの直後に繋いでください。

※さもなければ、あまりエフェクターが効きません。

   

そもそも「イーピンダンス」って何?

   

って思っている方も、とりあえずその疑問はスルーして大丈夫です。「ハイは最初」とだけ覚えてください。

        

アンプで歪作る場合

        

アンプで歪みを作る場合、空間系/モジュレーション系センドリターン端子に繋ぎましょう。

           

センド端子→モジュレーション系 → 空間系 → リターン端子

※その他のエフェクターとギターはいつも通り繋いでください♪

                 

        

空間系/モジュレーション系エフェクターをアンプのinputにそのまま繋いでしまうと本来歪みの後に発動したい効果が、アンプの歪みの前に発動してしまいます。

       

空間系/モジュレーション系のみセンドリターン端子に繋ぐことで、これらエフェクターの効果を、アンプの歪みの後に発動させる事が出来ます。

 

おわりに

  

ここまで接続順について説明しましたが…

 

前提として「エフェクターの接続順は自由」です。上記はあくまでも「この接続順にした方が、一般的には良い音が出ると言われているよ」というレベルの話です。

   

例えば、私の尊敬するレディオヘッドのトムヨークは歪みエフェクターである”proco Turbo RAT”と”Shured Master”よりも前に”DD-3”というディレイペダルを繋いでいます。

    

BlogPaint
☝︎98年来日時のペダルボード 出典:http://players.blog.jp

     

接続順には一切ルールはありません。やりたいようにやってOKです。

    

皆様も好きなようにエフェクターを繋いで、自分だけの音を見つけてください!

       

     

 

以上です(´-ω-`)

 

 

 

おまけ

最後に、このブログを書くにあたって僕が参考にしてる本を紹介します。

 

この本を読んで、今までなんとなく感覚でわかっていた知識を体系的に理解することが出来ました。

 

もう一冊。時間をかけてエフェクターボードを構築して「なんか違うなぁ…」と絶望した経験はないですか?僕はこれを読んでそういった失敗が激減しました。1000円ちょいでトラブルが減るなら安いです。

  

内容に大差ありませんが、初心者はこっちの方が会話形式でサクサク読めます。

 

 

 

        

いつもご支援ありがとうございます

 

この記事を気に入っていただけましたら、amazonギフトカードを贈って頂けると嬉しいです。

 

にゅたむ
にゅたむ

皆様のご支援は全てエフェクターにつぎ込んでいます!

 

▼10秒で支援可能

①金額と名前(匿名可)を入力

②受取人欄に「nyutampedals@gmail.com」をコピペ

③ギフトカードを購入

 

   

タイトルとURLをコピーしました