JHS Pedals|SuperBolt V2【憧れのSuproアンプを徹底再現】

この記事を読めば…
【JHS Pedals|SuperBolt V2】に関する基本情報、最安値、が理解できます。

 

この記事を書いている時点での、僕の経歴こんな感じです。
・ギター歴 11年
・エフェクター所有経験 150台以上

JHS Pedals の中でも特に人気の高いSuperBoltについてまとめました。

 

JHS Pedals|SuperBolt V2を1分で理解しよう

Supro/Valcoアンプの音を再現

Supro社(1935〜1968年)のThunderbolt というアンプの音を再現したエフェクターです。ジミー・ペイジ(Led Zeppelin)がレコーディングで使用していたことでも有名です。

 

Led Zeppelin – Stairway To Heaven (Official Audio)
↑ズバリこれ。全てのギタリストが一度は弾く名曲。

 

Josh Scott(JHSオーナー)が60年代のオールドのSupro/Valcoアンプを2年間で約10台集め、ブランドや設計について学び、開発した一台とのことです。公式HPでは「どのアンプでも ”Supro/Valcoの音” を作り上げることが出来るオーバードライブを開発したかった」と言ってますね。

 

音の特徴

70年代ロックの「少し荒いダーティな歪み」です。ビンテージの小さな真空管アンプのボリュームを目一杯上げた時の「コンプ感」「飽和感」を表現できます。

 

歪みの幅広い

クリーントーン〜ハードロックまで、わりと広い歪みを一台でカバーします。どんな音楽にも対応できる「万能系」のオーバードライブ/ディストーションかと思います。

 

「SuperBolt」→「SuperBolt V2」の主な変更点

■SuperBolt

  • 2012年発売

 

■SuperBolt V2

  • 2016年発売
  • Hi/LoトグルスイッチがGAINトグルスイッチに変更
  • Redリモートシステムが追加

 

各コントロールノブ・スイッチについて

■DRIVEノブ

歪み量の調整

 

■VOLUMEノブ

音量調整のみならず「音色」にも大きく変化をもたらします。音量を上げるほど「コンプ感」「飽和感」が強くなります。

 

■TONEノブ

  • 時計回りに回す:高音域が強くなるものの「キンキン」と耳の痛いサウンドにはなりません。鋭く明るいものの、気持ちの良いカッティングなどに適した音色
  • 反時計回りに回す:「モコモコ」しすぎず、繊細で低帯域の温もりを感じる音色

→要するにTONEはどんな設定でも「ハズレなく」使えます。ただし、言い換えれば、あまり極端な設定はできないですね。

 

■GAINトグルスイッチ

アンプに搭載された「High/Low インプットジャック」のような機能です。

 

  • 上側(LED赤):高・中域が強調された「Theハードロック」な明るいサウンド
  • 下側(LED青):全帯域が落ち着いたような、若干暗く「メロウなトーン」

 

※筐体右側の「1/4ジャック」を使用すればリモート・スイッチで、GAINトグルスイッチのON \OFFが操作可能です。

 

電源

ペダル内部で18Vに昇圧され、高いヘッドルームを確保します。(9V電源を使用してください)

 

JHS Pedals|SuperBolt V2の価格(最安値)

 

Amazon:25,980円(税込)

楽天:23,980円(税込)

Yahoo:22,980円(税込)

(メーカー販売価格:オープンプライス)

※2020年9月30日の最安値まとめ


 

現在の最安値はこちら↓からご確認ください。

 

ちなみに…

フリマアプリの価格相場は 17,000〜20,000円です。

15,000円以下なら即決かなと思います。

※にゅたむ調べ


とはいえ、もちろん新品購入推奨です。

 

 

以上です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました