XOTIC|EP Booster【最強の脇役、クリーンブースターの革命】

 

この記事を読んだら…
【XOTIC|EP Booster】に関する基本情報、最安値、使い方、がわかります。 

 

この記事を書いている僕の経歴こんな感じです。
・ギター歴 11年
・エフェクター所有経験 100台以上

 

「EP Boosterは繋ぐだけで音が良くなる」一度は聞いたことあると思います。そんな魔法のようなエフェクターを紐解きます!

 


XOTIC|EP Boosterを1分で理解しよう

 

外部寸法(縦/幅/高):3.5” x 1.5” x 1.5” (89mm x 38mm x 38mm:ノブを除く)
重量:260g
消費電流:9VDC/5mA
内蔵バッテリー:006P (9V) x 1
電源アダプター(別売) 9VDC-18VDC,レギュレーティッド推奨
トゥルーバイパス・スイッチング
入力インピーダンス:1M ohm
出力インピーダンス:1K ohm

 

EP Boosterは「Echoplex(=EP)を繋いだ時のブースト・サウンド」をシミュレートしたクリーンブースターです。

 

Echoplexというテープエコーはその内部構造のおかげで、耳の痛い高音域が削られるため「繋いだだけで音が太く美しくなる」と言われていました。そのため、80年台の伝説のギタリストたち(ジミーペイジ、ヴァンヘイレン、ブライアンメイなど…)がこぞって使用していました。

 

音の特徴

EP Boosterは、素直に音量が上がるだけのブースターではでありません。

 

耳に刺さる高域を抑え…「暖かく耳に心地よい音域」(中低域)を押し出してくれるブースターです。

 

ONにした時に、以下の3点が原音に付け加えられるイメージです。

  1. 暖かみ(高域を抑えることによる、丸みを帯びたような音)
  2. コシ、ハリツヤ(図太い中音域の音)
  3. コンプ感(テープエコー独特のアンプの音量を上げた時のようなコンプ感)

 

小型

超コンパクト・サイズです。(BOSSコンパクトエフェクターの2分の1程度)ただし、持ってみると重量感のある「どっしり」としたつくりですので、小型ながら激しいプレイにも耐えうる安心の筐体かと思います。

 

ワンノブ・デザイン

搭載しているのは「音量調整ノブ」一つだけです。「繋いですぐに使える」というメーカーのこだわりが表れています。

 

ノブを目一杯上げると、少しだけ歪み成分が入ってザラつきのある音になります。それもまた80’sっぽい自然な歪みで◎!

 

ディップスイッチ

裏ぶたを開けると右上に小さな二つスイッチがあります。このスイッチにより「EQの特性」を変更が可能です。

 

具体的にいうと…


①Bass Boost

ON→より強く「低音域」をブースト。(よりブリっと図太い音になります)

 

②Brite Boost

ON→より強く「高音域」をブースト。(音が明るい音になります)

 

※ディップスイッチの設定変更は、4本のネジを取り外して行う必要があります。

 

XOTIC|EP Boosterの価格(最安値)

 

サウンドハウス:15,730円(税込)

Amazon:15,373円(税込)〜

楽天:11,000円(税込)〜

Yahoo:11,000円(税込)〜

(メーカー価格:20,900円(税込))

※2020年9月14日の最安値まとめ


 

現在の最安値はこちら↓からご確認ください。

 

ちなみに…

フリマアプリの価格相場は 9,000〜12,000円です。

8,500円以下なら即決かなと思います。

※にゅたむ調べ


とはいえ、もちろん新品購入推奨です。

 

XOTIC|EP Boosterのおすすめの使い方

provided by @umaroku

 

最後に僕のおすすめの使い方を紹介します。

 

ただ繋ぐだけ(常時ON)

シンプルですが、この使い方が最もポピュラーです。多くのギタリストが「ただ繋ぐだけ」という使用法を採用しています。

 

なお、接続順が2パターンあります。

最初に配置

EP boosterの特徴は薄れますが、後ろに繋いだエフェクターの個性を最大限に生かしつつ、EP boosterの中低音域の太さを加えることができます。また、EP boosterに限りませんが、最初にブースターを繋ぐとノイズ・音の劣化が防げます。(ローインピーダンス出力により外からのノイズを受けにくくなります)

 

最後に配置(EP boosterの定番使用法!)

この配置だと、EP boosterの特徴を「100%」音に伝えることができます。最後につなぐだけで「音が太く美しく」なります。音抜けの悪さや耳障りな高音域…などの悩みが解消します。

 

嘘みたいな話ですが、繋ぐだけで「あっ…」と音が良くなったと感じます。

 

ギターソロなどで踏もう

「ここぞ」という時にブースターとして踏む使い方です。

 

EP boosterの場合「中低音域を持ち上がり、コンプ感が増す」ので、バンドサウンドの中で埋もれていても、みんなが一瞬でギターの存在に気づくような太くジューシーな音に変わります。

 

18Vの電源を繋げよう

9V〜18Vまで外部電源を使用することができます。微々たる差ですが、電圧に余裕のある方は18Vに繋いだ方がEP boosterの特徴が顕著に感じられると思います。

 

 

以上です。

 

タイトルとURLをコピーしました