Singular Sound|AEROS Loop Studio 【タッチスクリーン搭載の最先端ルーパー】

 

この記事を読めば、【Singular Sound|AEROS Loop Studio】の特徴・最安値が3分以内にわかります。

 

この記事を書いている僕の経歴

・ギター歴 11年
・エフェクター所有経験 250台以上

(エフェクターが好きすぎて…)エフェクター専門ブログを運営しています!

 

Singular Sound|AEROS Loop Studioを3分で理解しよう

 

ギター/ ベース/ ボーカル/ ヒューマンビートボックスとあらゆるパフォーマンスに最適なルーパー「AEROS Loop Studio」をわかりやすくレビューします!

・6つのトラックと6つのソングパーツを並行することで最大で36個の独立したループを形成可能
・1つのトラックに無制限にオーバーダビング可能
・作成したループトラックは USB ポート経由または SDカード(別売)で保存可能*
・最大連続レコーディング時間
3時間 (AEROS Loop Studio 単体、モノラル入力)
1.5時間 (AEROS Loop Studio 単体、ステレオ入力)
48時間 (SDカード使用時*)
・32ビット浮動小数点内部処理、24ビットレコーディング、スタジオクオリティの DAC を搭載
・レーテンシー:1mS以下
・周波数特性:20Hz ~ 20kHz
・4.3インチタッチディスプレイ搭載
・Wi-Fiによるネットワーク経由でのファームウェアアップデートで常に最新の追加機能を導入可能
・スクロールホイールを足で操作することで、演奏中もハンズフリーでループトラックの音量ミックスが可能
・MIDI IN / OUT ポートを介した BeatBuddy などのドラムマシン、エフェクターとのシームレスな連携
・エクスプレッションペダル対応
・オーディオ入力:標準フォーン×2
・オーディオ出力:標準フォーン×2
・AUX入力:標準ステレオフォーン×1
・AUX出力:標準ステレオフォーン×1
・電源:9V / 360 mA (センターマイナス)、ACアダプター同梱
・外形寸法:198mm x 142mm x 56 mm ( W × L × H )
・本体重量:936 g
・ブラックコーティングが施されたアルミニウム製筐体
※国内技術基準適合証取得済([R]201-135370)
※BeatBuddyとの接続には別売りのMIDI Breakout CableとMIDI ケーブルが必要です。
※SDカードに関連する機能は、将来的なファームウェアアップデートにより対応予定

 

わかりやすいルーパー機能

機能面では「シンプルでわかりやすいルーパー機能」「大容量」という2点が特徴かなと思います。というのも、1つのソングの中で、最大36個のループトラック(6×6モード = 6トラック×6ソングパート)を同時作成することが出来ます。かつ、各ループトラックへの無制限のオーバーダビングが可能です。
 

保存できるレコーディングデータ

  • 3 時間( AEROS Loop Studio 単体、モノラル入力 )
  • 1.5 時間( AEROS Loop Studio 単体、ステレオ入力 )
  • 48 時間( 32GB SDカード使用時、モノラル入力)

*レコーディング時間の上限は各ソング20分まで。

 

4.3 インチの大画面タッチスクリーン ★特徴★

ルーパーを使う時、踏むタイミングを誤って「なんかズレてるなぁ…」となってしまうことありますよね。(LIVEで使う時はなおさら失敗は許されません…)Aeros Loops Studioにはカラー表示の大型スクリーンが搭載されてます。音の波形イメージやリズム記号で、カウント数やタイミングを確認しながら操作できるので、初心者でもかなりミスなく安心してループを使うことが出来るかと思います。

 

全操作が「足下」で完結します

ディスプレイで確認しながら、「足」のみでほぼ全ての機能を操ることが可能です。4つのフットスイッチでループの再生/停止/オーバーダビングといった一般的なループのみならず、右側の「ホイール」を足でスクロールすることで、音量バランスをミックスすることも可能です。エクスプレッションペダルを追加することもできます。

 

例えば、ライブ中に「ミスった…!」となってしまっても、冷静に画面を確認して左上の「PLAY ALL/STOP ALLスイッチ」をカチっと踏んでリセットしたり、使いこなせばもう怖いものは無い!

 

Wi-Fi / Bluetooth搭載

エフェクター自体にWi-Fi / Bluetoothを搭載しています。そのため、有線を繋がずにソフトウェア・アップデートやデータ連携が可能です。基本的にエフェクター界隈は「USB接続」が必要ですから、超便利です。

 

BeatBuddyと完全同期

Singular Soundの超人気製品「BeatBuddy」(ギターペダル型のドラムマシン)とも互換性があり、MIDI IN/OUTポートを介して接続して操作することが出来ます。完全に同期して使えます。

 

 

Singular Sound|AEROS Loop Studioのおすすめデモ

 

Full Review: Aeros Looper and BeatBuddy by Singular Sound

 

Singular Sound Aeros Loop Studio: 6×6 Mode Demo by Session Guitarist Camilo Velandia

 

Singular Sound|AEROS Loop Studioの価格(最安値)

 

2020年12月17日の最安値まとめ

  • 楽天:71,500円(税込)
  • Amazon:72,222円(税込)
  • Yahoo:71,500円(税込)


 

現在の最安値はこちら↓からご確認ください。

 

まとめ

もはや音楽製作ソフトやDAWのように、緻密に音を重ねて行けるルーパーだなと思います。難しいことなく、よかったフレーズを保存するのに使ったりも出来るので、作曲や遊びにも楽しいです。

 

また、2020年12月現在、以下のアナウンスもされており、今後の拡張性も楽しみな一台です!

またほとんどの機能はAEROS Loop Studioだけで完結できますが、近日発売される汎用MIDIコントローラーペダルMIDI Maestroが持つAEROSモードを使うことで、AEROS Loop Studioの各機能に直接アクセスでき、より容易なコントロールが可能になります。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました