1981 INVENTIONS|DRV【人気急上昇ディストーションを使ってみた】

ディストーション/ファズ

「最近SNSでよく見る『1981 INVENTIONS』の『DRV』って一体どんなエフェクター なんだろう?」

という疑問に3分で答えます。

 

この記事を書いている僕の経歴です。

  • ギター歴 11年
  • これまで所有したエフェクター200台以上 / 使用数1000台以上
  • Twitterにてエフェクター情報を発信中 *フォロワー3000人突破!

 

そんな僕はメイン・ディストーションとして10年間「proco RAT2」を愛用していますが、そのRAT2の初期モデルを元に製作されたエフェクター「DRV」を、友人Aから一週間お借りしました✌︎(‘ω’)✌︎

その経験をもとに「DRVの使用を検討している方が知っておいた方がいいこと」をお話します。

1981 INVENTIONS DRVの外観

The スタイリッシュ。

ボードに組み込んだらかなりオシャレになりそうですね。

ちょっと脱線…「見た目」でエフェクターを選ぶのはアリ?

個人的には大アリ

ギタリストとして見た目をこだわることは重要な要素のひとつ。エフェクターについてもそれは変わらないと思います。もちろん何を大切にするかは人それぞれですが、単純にDRVが自分のボードにあったらと考えるとワクワクしませんか?

また、実用性の面での外観についても。地味にと嬉しいのが、「In / Out / Power とジャック差し込み」がエフェクター上部に配置されていること。エフェクターボードに組み込む際、横幅を取られないのでGoodポイントですね。

ちなみに…DRVは出荷前に一つひとつ手作業でテストされ、唯一無二のシリアルナンバーが箱の裏側に刻まれています!

1981 INVENTIONS DRVの音

DRVの基盤は「初期のproco RAT」をモデルに製作してます。RAT特有のトレブリーで粘りのある歪みサウンドはDRVにしっかりと引き継がれています。

ただし、個人的には基盤を模して作ったと言う割には「RATの音」ではないかなと。

極端にローをカットした本家RATのサウンドに比べると、全体的にバランスの良い音に仕上がっており、より使いやすいエフェクターに進化しています。RAT信者の方には少々物足りなさを感じさせるかも…ですが、中音域が強調されていてより厚みのあるサウンドです。

1981 Inventions DRV – vs – ProCo Rat
☝︎RAT2との比較動画がありました。

ズバリ1981 INVENTIONS DRVは買い?

結論、音の良し悪しは個人のモノサシでしか測れないですが…

超個人的な意見を言わせていただくと

見た目も音も「スタイリッシュな歪み」を探している方は買い

見た目がかっこいいのは言うまでもないですが、「音」も強い歪みの中にも耳が痛くならない上品さを持つエフェクターかなと思います。

また、2020年現在欧米ではかなりメジャーな存在になっているエフェクターブランドですし、現にInstagramで海外のエフェクターボード画像を漁っているとかなりよく見かける。あと5年もすれば日本でも主流になる日が来るのでは?と思ってます。

日本で中々手に入らないので、見つけた方は迷っている暇はないかもです。(貸してくれた友人Aには感謝!)

尚、proco RATとはやはり別物かなと。RATの音が欲しい人は素直にRATを買いましょう。ちなみにRAT2についても詳しいレビュー記事も書いてるので気になる人は是非お読みください♪

以上です♪

タイトルとURLをコピーしました