NUX|MG-300【コスパお化け。1万円台で買える高性能マルチエフェクター】

この記事を読めば、【NUX|MG-300】の特徴・最安値が3分以内にわかります。

 

この記事を書いている僕の経歴

・ギター歴 11年
・エフェクター所有経験 250台以上

(エフェクターが好きすぎて…)エフェクター専門ブログを運営しています!

 

中華エフェクターブランドNUXより高性能マルチエフェクターが発売されました。なんと言っても1万円代で買える「価格の安さ」が最大の魅力ですが、同価格帯の製品の中で「性能の高さ」は頭ひとつ抜けています。NUXらしい機能を詰め込んだ本機を3分レビューします。

 

NUXについて気になる方はこちらの記事も是非!↓↓

 

NUX|MG-300を3分で理解しよう

 

スペック
・Sampling Frequency: 48KHz
・A/D Converter: 32bit
・Frequency Response: 20Hz-20000Hz ±1dB
・THD+N: <0.03%
・Dynamic: 110dB
・nput: -20dB
・Output: -10dB
・Power: DC9V, センターマイナス , 350mA 以上( 500mA 推奨)
・サイズ: 230(L)x160(W)x58(H)mm
・重量: 754g

 

50種類以上のエフェクト/アンプモデリングを搭載

NUX社独自の「TSAC-HD*1」アルゴリズムにより、13種のプリエフェクト(ドライブ系 11種、コンプレッサー、ピッチシフター)と、25種のアンプモデリングがリアルなサウンドを搭載しています。また「Core Image Technology」により、23種のポストエフェクト(モジュレーション13種、ディレイ6種、リバーブ4種)、イコライザー、ノイズゲートを搭載しており、多彩なサウンドメイクが可能です。この価格帯ではトップレベルの「高いレスポンス」と「リアルなサウンド」を再現しており、プロギタリストのLIVE本番での使用にも耐えうる品質かとと思います。また、メトロノームを含む63パターンのドラムトラック、60秒のルーパー機能も搭載しており、JAMモードでドラムマシンと連携して使うことができます。

*1 True Simulation of Analog Circuit)アンプモデリング&プリエフェクトアルゴリズム

 

ピックアップ機能

高性能マルチエフェクター界では主流のIR(インパルスレスポンス)機能も搭載しています。25種類のIRベースのキャビネットシミュレーターを搭載しており、4つのマイクを3種類のポジションで選択して使うことが可能です。

 

IRやアンプの設定では、「Amplifier / Speaker Cabinet / Microphone」3つのオプションがあり、各オプションで別々のアンプを選択したり、細かく設定することが出来て、楽しいです。使ってみると簡単に理解できるかと思います。

 

入力端子

入出力端子はインプットとアウトプット、AUX IN、USB端子のみの必要最低限の構成です。初心者でも迷うことなく使うことが出来そうです。USB端子を利用しPCと接続することが出来ますので、もちろん「オーディオインターフェイス」としての使用も可能です。

 

Quick Tone(エディットソフトウェア)

PCと接続し、専用ソフトである「Quick Toneエディットソフトウェア」を無料で利用することが出来ます。音色の編集やサードパーティのIRデータのロードも可能です。「Quick Tone」を使用する際は公式サイトより「QuickTone- MG-300 Editor Software (macOS or Windows)」をインストールしてください!

 

NUX|MG-300おすすめサウンド・デモ

Nux MG-300 – Sound Demo (no talking)

 

1万円台で買える最強ギターマルチ!?話題のブランドNUXが放つ、初心者からプロまでおすすめできる新兵器「MG-300」を高級ギターと高級アンプで爆音タメシビキ!in B.U.G!

 

NUX|MG-300の価格(最安値)

 

2020年12月13日の最安値まとめ

  • 楽天:16,720円(税込)
  • Amazon:16,419円(税込)
  • Yahoo:16,720円(税込)
  • サウンドハウス:16,720円(税込)


 

現在の最安値はこちら↓からご確認ください。

 

まとめ

対応端子が少なかったり、画面がちょっと小さくて操作しづらいなーとは思いましたが、それにしてもコスパが良すぎる!初心者が最初の1台として買うのにもオススメかなと思います。ちなみに(全て英語ですが)マニュアル・搭載エフェクトリスト・ソフトウェアアップデートファイルなどなど…公式サイト最下部にまとめてリンクが張っておりますので要チェックです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました