WALRUSAUDIO|Julia V2【神秘の船酔いアナログ・コーラス/ヴィブラート】

ピッチ/モジュレーション

この記事を読めば…
【WALRUSAUDIO|Julia V2】に関する基本情報、最安値、がわかります!

この記事を書いている僕の経歴です。

  • ギター歴 12年
  • これまで所有したエフェクター200台以上 / 使用数1000台以上
  • Twitterにてエフェクター情報を発信中 *フォロワー3000人突破!

WALRUSAUDIO|Julia V2を1分で理解しよう

■ギター用エフェクター
■コーラス/ビブラート
■コントロール
・Rate
・Depth
・Lag(プリディレイ)
・Dry-Chorus-Vibrato(ブレンド)
・LFOスイッチ(サイン波/トライアングル波)
■トゥルーバイパス仕様
■サイズ:12×7.4×5.8cm
■電源:9Vアダプター(別売り)

Julia→Julia V2の変更点

Julia→Julia V2の変更点は以下の通りです。

  1. ジャックがサイドから上部へ変更
  2. ソフトタイプのスイッチに変更
  3. 筐体絵柄の更新

その他機能・音色に違いはないです。

「JULIA」が製作された背景

アメリカのエフェクター・ブランド「WALRUS AUDIO」より、販売されているフル・アナログのコーラス/ビブラートエフェクターですが、製作された背景がユニークです。

本エフェクターは、1999年にアメリカ海洋大気庁(NOAA)によって南太平洋海域で観測された「JULIA」と呼ばれる原因不明の音ををイメージして製作されたエフェクターです。「JULIA」は何千kmもの広範囲で録音されていたとNOAAは説明しており、「女神の声」と信じる人もいるそうです。

ちなみに、「本物のJulia観測音」を聞きたい人はこちらをクリック!

音の特徴

基本的には、アナログならではの「温かみ」「深い」のあるコーラス・ビブラートサウンドです。

多彩なサウンドメイクが可能

「5つのコントロール」の操作で、非常に幅広く様々な音色が作れます。設定によって「繊細なアナログコーラス」「船酔いしそうな・超うねるヴィブラート」と多彩なサウンドメイクが可能です。

①RATE

「揺らぎのスピード」を調整します。つまり、LFOスイープのスピードを調整します。右下のランプの点滅で現状の揺らぎのスピードを確認できます。 ごく僅かな揺らぎ〜暴走する渦のよう音色までコントロールできます。

②Depth

「揺らぎの幅」を調整します。つまり、LFO振幅を調整します。このノブもまた、ごく僅かな揺らぎ〜かなり激しい波までコントロールできます。

③LAG ★このノブのがJulia最大の特徴!

「揺らぎの厚み」を調整します。(←言語化は難しいですが…)つまり、LFOモジュレーションのプリディレイを設定します。左に回すとあっさりとスムーズな音色。右に回すと「ぐにょ〜ん」と深く厚みのある音色になるイメージです。

④WAVE SWITCH

「波の波形」を選択します。つまり、LFO波形選択を選択します。音の揺らぎを滑らかにするか、カクカクと激しい効果にするかを切り替える事ができます。

⑤D-C-V(Dry-Chorus-Vibrato) BLEND

ドライ/ウェットシグナルの割合を調整します。

効果は以下のようなイメージです。

  • 左に目一杯回す →エフェクトの効きはゼロ
  • 12時      →コーラス・サウンド
  • 右に目一杯回す →ヴィブラート・サウンド

WALRUSAUDIO|Julia (V2)のサウンド・デモ

WALRUSAUDIO|Julia (V2)の価格(最安値)

2020年10月20日の最安値まとめ

  • 楽天:23,980円(税込)
  • Amazon:26,400円(税込)
  • Yahoo:22,980円(税込)
  • サウンドハウス:22,880円(税込)

現在の最安値はこちら↓からご確認ください。

まとめ

見た目も個性的で美しいですし、「従来のコーラス/ビブラート・ペダルでは物足りない!」というギタリストには最適かと思います。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました