【1000円】本気で使える!エフェクターボードを自作しよう。

エフェクターボード

「エフェクターボードを安く自作したいなー。」

という願いを叶えます。

この記事の内容を実践すれば…
1000円程度で簡単に、「使える」エフェクターボードを自作できます。

僕の自作のテーマ

僕の自作のテーマは【①できるだけ安く ②必要なものはネットで買う ③カッコよく】です。

①できるだけ安く
→当然ですね。既製品を買ったほうが安かったら本末転倒です。

②必要なものはネットで買う
ホームセンターとか、100均に行くのめんどくさくないですか?少しでも楽します。(あと、自分で工作するなんて論外)

③カッコよく
少しでもスタイリッシュに作ります。見た目も表現の一つです。(木材に結束バンドでベタッと貼ってるやつとか…僕はあまり好きではないです)

エフェクターボード自作に必要なもの

前提として、エフェクターボードとは「薄くて頑丈な板」にエフェクターを「くっつける」ことができるものです。

つまり、エフェクターボードに必要な要素はたった2つ。

  1. 接着

なるべく薄くて頑丈で、「安い」板を探した結果、僕なりの結論を導き出しました。

エフェクターボード自作におすすめ板は「まな板」です!

理由としては…既に加工してあり、かつ安くて頑丈だからです。

木材はノコギリとか持ってないし面倒くさい。(そもそも重そう)その点、既に加工してある「まな板」は安いし軽いし、頑丈な作りで、わりと適任かと思います。

僕はサイズ的に↓コチラの商品を選びました。(amazonで777円でした。)皆さんは自分の構成に合わせたサイズのものをチョイスしてみてください。※ただしぺらぺらと曲がるやつはNGです!

接着

では次に板にエフェクターをくっつける手段を探しましょう。


色々と方法はありますが、僕は「マジックテープ」を使います!一番安くてお手軽だと思います。

僕は↓コチラを買いだめして使用しています。1m / 300円ほどで、値段も安くて粘着力も十分です。

マジックテープにこだわりたい方は、コチラの記事も参考にしてください。

エフェクターボード自作を開始!

では、実際にエフェクターボードを作っていきたいと思います!

①まな板に「メス側」のマジックテープを全体的に貼ります。

②そこにエフェクターやパッチ・ケーブルを貼ります。

③完成!

名付けて、『まな板ボード1号』!👏(拍手!)

作業時間5分で完成しました。超簡単でした。

エフェクターボード自作まとめ

材料は全てamazonで調達し、1000円程で出来上がりました。

その後、3、4回スタジオ連れていきましたが、全く故障してないです。

・・・普通にカッコよくないですか?(笑)

こんな感じでトートバックとかにサクッと入れてスタジオ行ってます笑

皆さんも、初めてのエフェクターボードやサブボードを作る際は参考にしてみてください!

やっぱり自作めんどそうだから、既製品のエフェクター・ボードを買おう。と思った方はコチラの記事もご覧ください♪

以上です。

皆様もぜひ参考にしてみてください。(簡単ですよ!)マジでこれで十分ですし、誰からも馬鹿にされないレベルのいいものができました♪

タイトルとURLをコピーしました